×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

近藤麻理恵 片づけ

Image Replacement
スポンサード・リンク

近藤麻理恵の片づけの魔法POINT 衣類編

・祭りだと思って一気に片付ける

・触った時にときめくモノだけを残す

・「捨てるもの」を選ぶのではなく、「残すモノ」を決める

・捨てるモノには必ず「ありがとう」をいう

・なるべく1人で片付ける

・家族と一緒にやらない

・音楽やテレビなどをつけず無音でやると良い

・ときめきの感覚がわかるまで、
最初は時間をかけてモノと向き合う

・使わないモノを捨てられない時は、
モノと真剣に向き合えていない証拠

・買ってきたらすぐパッケージ商品のタグは取り外す!

・過去の栄光や思い出にすがってはいけない

・今の自分を大切に

・「捨てるのはもったいないから部屋着にします」は禁句

・色がグラデーションになるように収納すると、
モノの定位置が決まり散らからなくなる

・人間に住所があるように、モノにも定位置を決める

・片付けの途中は一旦散らかるのが当たり前。
たくさんのモノに囲まれて散らかっていても、
焦らず、やる気をなくさないことが大事。

・実家を思い出の品の墓場にしてはいけない

近藤麻理恵の片づけの魔法POINT 本類編

・見るだけでなく触って「ときめき」を判断する

・いつか読むつもりの「いつか」は永遠に来ない

・すぐにではなくいつか読むと思う本は一度手放すべき

・もう二度と無駄遣いをしないようになる

近藤麻理恵の片づけの魔法POINT 書類編

・書類は「全捨て」が基本

・写真や手紙、昔のノートなど思い出の品に手をつけてはいけない。

近藤麻理恵の片づけの魔法POINT 小物編

・用途不明のコード類は全捨て

・自分がいらないものを人にあげるのはやめる

・モノを捨てる罪悪感を人に押し付けてはいけない

・一箇所に見えるように収納することで大量ストックを防げる

・過剰なストックは空間・資源の無駄

・コンビニでもらう箸・スプーンなど、
不必要な時はもらわないできちんと断る

・ぬいぐるみは目隠しをすることによって、
「生き物」から「モノ」に変わる

・ビニール袋ではなく、白い紙袋に入れて、
供養をする気持ちで感謝を持って送り出すことが大切

近藤麻理恵の片づけの魔法POINT 思い出品編

・思い出品を段ボールに閉じ込めてはいけない

・段ボールに入れるとモノは死んでしまう

・見えるように収納すると存在を忘れずに済む

・判断に時間がかかる写真類は、ひとまず一箇所にまとめて、
最後にまとめて仕分けるのが鉄則。

スポンサード・リンク

スポンサードリンク

オススメ


iPhone/iPad版











婚活情報